頭皮環境を洗浄

育毛シャンプーにはどんな成分が入っている?

基本的に育毛シャンプーと言っても成分に違いがあるのが特徴です。
育毛シャンプーの一番の売りはその洗浄成分なのですが、アミノ酸系シャンプーと呼ばれるものには2種類あります。
完全に洗浄成分がアミノ酸系の成分であるものと、洗浄成分はほとんど石油由来の界面活性剤を使用していて、微量にアミノ酸の成分が配合されているものもアミノ酸系シャンプーとして販売されています。
ですので、とことん頭皮環境を整えることをこだわりたい方には洗浄成分がアミノ酸100%のものを購入されることをおすすめします。
基本的にアミノ酸の成分をその成分表記だけで見分けるのが困難かもしれませんが、例えば「ココイル何々」と言った成分が入っていればそれはアミノ酸系洗浄成分になります。

更に、「コカミド何々」と言ったものも同様にアミノ酸系の成分です。
このような成分が入っていながら、〜硫酸何々などの成分が入っているものは界面活性剤も入っているものがほとんどなので、通常のシャンプーと同じようなことになると思います。
更に皮脂の頭皮からの分泌を抑えるために馬油やアルガンオイル、ホホバオイルが配合されている育毛シャンプーもあります。
このような不飽和脂肪酸は頭皮の皮脂の取りすぎたものを補うために必要不可欠なんです。

この脂肪酸は頭皮の環境を正常化するために最適な皮脂の役割をしてくれてかなり優秀な成分として、優れた育毛シャンプーの中に含まれています。
更に、髪の保湿をするためにアロエエキスや発毛を促進するためにミノキシジルやフィナステリドを含んだシャンプーまであります。
そのようなミノキシジルなどを含んだシャンプーは基本的に育毛シャンプーとは呼ばず、ある程度の発毛も認められるので、発毛シャンプーと呼ばれます。

また、頭皮の血行を促進する成分として、センブリエキスなどが配合されているものもあります。
育毛シャンプーの成分で最も気を付けたいのが添加物が含まれていないか?アミノ酸系以外の洗浄成分が入っていないか?シリコンが入っていないかです。
これらが入っていないことを確認できた育毛シャンプーであれば間違いはないでしょう。
こういった成分を調べながら購入するとなると、ネットで育毛シャンプーを購入するメリットといえるのではないでしょうか。


髪を育てる
Copyright (C) 髪を生えやすく All Rights Reserved.