頭皮環境を洗浄

皮脂の取りすぎも抜け毛の原因に?!

皮脂の取りすぎが抜け毛の原因になることがあります。
頭皮に皮脂がたくさんあるということが原因で抜け毛になることは確かにあります。
これは毛穴に皮脂が詰まる、毛穴を埋めてしまう。
毛が生えている毛穴も皮脂が溜まって固まるということが原因です。

ですから、頭皮がぎとぎとだったりした場合はほとんどの人がシャンプーしないと!皮脂をしっかりと洗い流さないとと思うはずです。
しっかりと頭皮の油を落とさないと抜け毛が出るんじゃないか?なんて思うでしょう。
ですが実はこれは逆効果なんです。

頭皮だけに限らず皮脂はもともと人間の皮膚にとっては乾燥を防ぐために必要不可欠なものなんです。
皮脂があるおかげで皮膚の中にある水分が蒸発しないように保たれていて、それで正常な状態を皮膚が保つことができるんです。
ですが、皮脂を洗顔やシャンプーをすることによって取りすぎてしまうと皮膚は乾燥してしまい、その乾燥の状態が不安定な状態なので皮脂が体内から逆に過剰に分泌されて、皮脂でぎとぎとになってしまうということが起こってしまうんです。

もちろん油でぎとぎとになった頭皮は毛穴が固まった皮脂でつまり、細い弱い毛が生えやすくなってしまい、抜け毛が増えるという結果になります。
ですので、皮脂はある程度までしか落とさないほうがいいんです。
あまりに皮脂をしっかりと落としすぎることは逆効果ということですね。
市販の通常のシャンプーやせっけんには界面活性剤という洗浄力が強い泡立ちの良い成分が配合されています。

これで洗浄することは言ってみれば強力なクレンザーで油汚れを落とすようなものです。
洗浄後はすっきりと綺麗になったように見えても、もともと必要な皮脂までごっそりと取り去ってしまうので、水分が蒸発しないようにするために皮脂の過剰分泌が毛穴から起こるので、頭皮や皮膚の毛穴を詰まらせてしまうわけです。
ですので、育毛シャンプーではそのことにこだわって界面活性剤を一切使わない洗浄力が強すぎないアミノ酸系の洗浄剤を用いていることが多いです。


髪を育てる
Copyright (C) 髪を生えやすく All Rights Reserved.