頭皮環境を洗浄

育毛剤と育毛シャンプーは違うの?

育毛シャンプーと育毛剤は全くの別物です。
多くの人が育毛シャンプーによって育毛ができると考えている方が多いようですが、実はそれは間違いなんです。
育毛シャンプーでは事実上育毛は全くできません。
育毛という言葉それ自体の意味は髪を育てるということ。
この髪を育てるためには髪が生えてくるときにしっかりと栄養を与える成分が配合されていないといけないんです。

または、髪が生えるように指令を出すことができる成分が配合されていることが必要不可欠です。
育毛剤にはこの髪がしっかりと太く育つための栄養成分が配合されていたり、髪に生えるように命令を送るために毛母細胞を活性化させる成分が配合されているんです。
これに対して育毛シャンプーはそのような成分は一切配合されておらず、役割としては髪が育ちやすいような頭皮の環境を作るということを主眼に置いています。
育毛剤の役割は頭皮と毛根に栄養を与えて髪が生えやすい状態にしてくれるということなんです。
ですが、育毛シャンプーはしっかりと洗浄することによって古い角質や皮脂などを取り除き、毛が生えやすい環境にしてくれるという違いがあります。

更に育毛剤でもまた大きな違いを生む2種の区分けがあってそれが医薬品の育毛剤と医薬部外品の育毛剤です。
医薬品の育毛剤では毛が実際に生えてくるように直接的に働きかける力があり、あるものはホルモンの調整をして抜け毛を防ぐ、という体に対して直接的な働きかけをする力強い作用を持っています。
ですので使ってから毛が増えるまでにタイムラグがあまりないというメリットがあります。

ただ、副作用も強いんです。
一方で医薬部外品の育毛剤ではあくまで毛根や頭皮に対しての栄養を与えていくという観点から作られたものなので、ある程度効果が実感するまでに時間がかかります。
ただ、育毛シャンプーを使って頭皮の環境を正常化しながら育毛剤を使うことで育毛剤の効果を無駄にしないような頭皮環境を実現でき、髪が生えるのを力強くサポートしてくれるという効果があります。
このように、一番安全でベターなのが育毛剤+育毛シャンプーという組み合わせでやっていくことだと思います。
また、男性ホルモンを抑える働きを持つイソフラボンという成分があるので、イソフラボンを多く含んだ食品を毎日食べるのも良いでしょう。


髪を育てる
Copyright (C) 髪を生えやすく All Rights Reserved.