頭皮環境を洗浄

体に悪い影響を与えるシリコンシャンプー

シリコンシャンプーは体に悪いと言われていますが、どのように悪いのでしょうか?
一般的に通常のシャンプーに含まれるシリコンは髪のコーティング剤で、髪のぱさつきを抑えて、指が通りやすくしてくれたりだとか、枝毛などを防ぐために使われています。
それは微細なシリコン剤が髪を洗っている間にコーティングして、髪を覆うからです。

市販のシャンプーはつやや、髪がまとまりやすくなるというメリットがあるのはこのシリコンの力に頼っているところが大きいです。
ですが、基本的に育毛を考える人にとってはシリコンシャンプーはあまりおすすめできません。
まず一つに微細なシリコンシャンプーで髪をコーティングしてしまうと髪に対する栄養が髪表面から直に入っていかなくなります。

シリコンコーティングはいわばワックスがけのようなもの。
ワックスがかけられた床はよほどのことがない限り素の床が出てくることはありません。
しかもワックスをかけた上から水などをこぼしても素の床はなんの影響も受けません。
それと同じでシリコンシャンプーでは、表面がワックスで覆われたような状態になり、髪に対しての栄養成分が髪に浸透しにくいんです。

つまり髪が育ちにくいということになります。
更に、シリコン剤は微細なので、毛穴に詰まって育毛の邪魔になります。
微細なシリコン剤が毛穴までコーティングしてしまうその影響は想像していただくだけでわかると思います。
毛穴の直径が小さくなり、結果として細く、あまりしっかりとしていない毛が増えることになってしまいます。

このような状態では、抜け毛の状態は一向に改善されなくなってしまいます。
また、シリコン剤自体が頭皮を覆ってしまうと水分の吸収が妨げられてしまって、保湿できない状態になり、結果として乾燥してしまうということになってしまいます。
乾燥してしまった頭皮は結果として皮脂分泌が過剰になってしまってシリコンで埋まった毛穴を更に皮脂で詰まらせるという悪い結果につながります。


髪を育てる
Copyright (C) 髪を生えやすく All Rights Reserved.